かぎ針 編み 基本。 かぎ針編みの際に色を変える方法

かぎ針編みのフード付きスカーフの作り方

かぎ針 編み 基本

鎖編みを編むように、もう1度糸をかけ引き出します。 かぎ針編みの良さ、長所もしっかり把握することができるので「かぎ針編みの教科書」のような本です。 編み続けます。 指から人をはずします。 中太編み糸• 2 スカーフとフードを合わせます。 細編みや引き抜き編みを加えることもあります。

次の

かぎ針の編み方の種類とパターン☆基本の手順方法も写真画像付で解説!|ハンドメイドでもの作り

かぎ針 編み 基本

5 フードを縫います。 まずは基本の編み方をしっかりと身に付け、ぜひ諦めずにチャレンジしてみてくださいね。 中指に糸をかけたら毛糸を手のひら側に通し、小指で手の甲側に出します。 図のように針に糸をかけ、3本の糸のうち2本目までに糸を引き抜きます。 行の終わりまで繰り返します。

次の

かぎ針編みの基本|こま編みの編み方

かぎ針 編み 基本

同じ8段ですが、やはり大きさが随分違いますね。 右がオリジナルの6目スタートの8段。 編み地を反転させ、先ほど手前に来ていた面と反対側の面を手前にもってきます。 スリップノットを使用して編み糸をフックに結び、200メッシュのベースチェーンを空中でかぎ針編みします。 ステッチを作成しました。

次の

かぎ針編みの基本をマスターできちゃう♪可愛い『アクリルたわし(エコたわし)』を作ってみない?

かぎ針 編み 基本

かぎ針は引き抜かず、そのまま人差し指側の糸をかぎ針にかけて取り、輪の中を通します。 また、全て大き目のイラストで描かれているため大変読みやすく見つけやすいのが特徴です。 かぎ針で編んだベストや、手袋、ストールやマフラーなどなど、どれも手作り感があって素敵でした。 かぎ針の持ち方 かぎ針は基本的には親指と人差し指でもちます。 もう一方の端のメッシュの前後のループに針を通した針を縫います。 かぎ針編みの編み方 では、かぎ針の基本となる3種類の編み方について紹介します。

次の

かぎ針編みの際に色を変える方法

かぎ針 編み 基本

とにかく出来上がりを楽しみに、コツコツと頑張りましょう!. この本は、これ以外にも「いちばんよくわかる 増補改訂版 かぎ針あみのモチーフとモチーフつなぎ」 「いちばんよくわかる 増補改訂版 かぎ針あみのモチーフとモチーフつなぎ」という本もあり、いちばんよくわかるシリーズを揃えるのもよいですね。 1段目の編み方 次に 6号のかぎ針に持ち替えて、1段目を編んでいきます。 そのような場合、それを編むために紹介されているのが「編み図」です。 Contents• スレッドの半分が織り込まれるまで、各ループでそれを繰り返します。 空中でステッチを作成し、ステッチをスキップしてから、空間内のきついメッシュ(前の行の空中のメッシュで作成)をかぎ針編みします。 大きい毛針に編み糸のもう一方の端を縫います。

次の

かぎ針編みの基本〜細編みの編み方〜

かぎ針 編み 基本

右は増やし目の位置を変えて編んだもの。 この記事を作成するために、ボランティアの著者が編集と改善に参加しました。 以下、図のように鎖編みの裏山をとって編み進めていきます。 (12目)• 編むときに滑らないように持ってください。 上から見るとこんな感じです。

次の