ベートーヴェン ピアノ ソナタ 30。 ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ第30番~第32番【CD】【MQA/UHQCD】

名盤を巡る旅 〜 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30番

ベートーヴェン ピアノ ソナタ 30

感情の曇りが取り去られたゼルキンの純白な歌は、ときとして、情感が不足しているよう聴こえるときもある。 若き日の完璧な技巧から、深みと円熟を増し、ヒューマンな味わいで益々聴衆を魅了するポリーニによるベートーヴェン後期ソナタ集です。 これらの言葉の意味をどのように解釈するか、また具体的な楽曲の特徴との関連性をどのように読み解くか等には議論の余地もあろう。 22 13番 変ホ長調 Op. それはときとして、私のこころが乱れているときに、私のこころを再び世界と繋げて、感じることを許してくれるような、回復効果をもたらすことがある。 大きな転機となっているのは、Op. どう弾いているのでしょう。 その上であえてポリーニの芸術について評するなら、その均質で強靭なフォルテの部分は自閉症スペクトラム ASD と診断された有能なピアニストが休みなく弾く音に似ている感じがするということなのです。

次の

マウリツィオ・ポリーニ(Maurizio Pollini)、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第30番〜第32番の再録音をリリース

ベートーヴェン ピアノ ソナタ 30

フォルテは急ぐことなく、力強く決然としています。 Sviatoslav Richiter スヴャトス ラフ・リヒテル ロシアのピアニストでギレリスとよく比較されるのはリヒテルでしょう。 41、42、63、64には、ベートーヴェンの作品を第三者が編曲したものが入り込んでいる。 オコーナーよりさらに控えめかもしれませ ん。 曲ごとに書くのを忘れてましたが、月光にしても30番にしても、特にどれかの曲が違う弾 き方というわけではありません。 『ベートーヴェンピアノソナタ 作曲学的研究』音楽之友社、1965年5月15日。 ベートーヴェンの新しい全 集の録音は後者かと思いますが、どちらの場合もそこから現れてくるエネルギーの何かに私が チューニングできてないようです。

次の

ベートーヴェンピアノソナタ難易度ランキング【最も難しいソナタは?】

ベートーヴェン ピアノ ソナタ 30

Helene Grimaud エレーヌ・グリ モー 1969年生まれのフランス人でジャック・ルヴィエに師事したピアニストです。 特に 第3楽章は速い上に転調が多く、音大生でもかなりの練習をしなければ弾きこなせません。 世に言う巨匠、名ピアニストのこの3曲の演奏もそのほとんどを聴いてきた積もりですが、わずかにKempffのステレオ録音(これとて3曲全部に満足できたわけでない)を除けば、Polliniの旧録音を含め、感心はしても心から感動できたことは希でした。 人間の内面の問題を見つめ直したベートーヴェンの新境地だったと思います。 月光は67年の録音ですが、どんな強烈なものが出て来るかと思えば、意外なことに速いテンポで非常にさらっと しています。 2018年• 第1楽章は透明感が感じられますし、第2楽章はちょっとしたアクセントとなっています。 ピアノでも同じで、彼はピアノソナタというのはこういうものだという形式を示してくれました。

次の

‎マウリッツィオ・ポリーニの「ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ第30番~第32番」をApple Musicで

ベートーヴェン ピアノ ソナタ 30

個人的にはラフマニノフのラプソディー(パガニーニの主題による狂詩曲の一曲で映画 「ある日どこかで」のテーマ)など、他に あまりない佳曲を出してくれているので愛聴していま す。 ボンからの俸給は1794年3月に打ち切られたが、ヴィーン時代最初期から最晩年に至るまで、ベートーヴェンは多くの貴族の後援を受け、生涯の大半を固定された職務を持たない自由な芸術家として生きることのできた最初の大作曲家となった。 したがって30番の第三楽章など、非常にたっぷりと歌っています。 そして第三楽章の驚くような速さは まさにパッション です。 ベートーヴェンのピアノ協奏曲の概要 ピアノ協奏曲は5曲あり、第1、2番は出版順の関係で順番が入れ替わっているものの、最初に着手されたのは2番であることが知られている。

次の

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30番〜第32番

ベートーヴェン ピアノ ソナタ 30

第三楽章は速くダイナミックです。 最後のピアノソナタ第30~32番はベートーベンの最後の3大ソナタと呼ばれ、ベートーベンがピアノソナタという形式で辿りついた着地点となります。 大きなと いってもアラウのように押してくる感じにはならず、全体にゆとりがあります。 強くこみ上げてくる ものがたまにあったとしても、その次の音では諦めが勝るのか、やわらかく抜けま す。 ケンプはライブで大変味わい深い音を出すことがあり、また晩年の録音には独特の 世界が展開しますが、この全集はそのどちらでもないながら、ケンプらしい味わいでは共通しています。 しかし、聴く人にとってはタイトルがついている方が曲を覚えやすく、イメージがしやすくなりますよね。

次の

マウリツィオ・ポリーニ/ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30番~第32番 [UHQCD x MQA

ベートーヴェン ピアノ ソナタ 30

1820年秋頃に完成したと推定されるこのソナタにおいては、第1楽章はストイックなまでに切り詰められ、それに対して変奏形式による第3楽章は大きな広がりをもっている。 この時代から代表曲と呼ばれる曲も有り、音楽家としての地位を確立しはじめてますがピアノはまだ旧式のものです。 はこの第1楽章を高く評価していた。 そのとき私は、ギーゼキングの意識が彼の頭の中から大きくはみ出し、広がっているのを感じる。 しかも フォルテですからやわらかく揃うという感触ではなく、大変強靭な、乾いた音の連続になります。 ピアノソナタ第8番ハ短調「悲愴」 Op. そして、旋律の回帰と共に、静寂の中に戻ってくる。

次の

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30

ベートーヴェン ピアノ ソナタ 30

叙情的とはこういう ことだと教えてくれるように。 詳細はさておき、1820年7月にベートーヴェンが最終的な勝利を収めるまでの約4年半、訴訟や書状作成などの手続きをはじめとして、莫大な時間が費やされたことは確かである。 ) 第1楽章は、ゆったりした歌に味がある。 しかし、ここで挙げたような作品に新しい手法が見られるのは確かであり、ベートーヴェンがそれを自覚的に行い、他者にも言葉で伝えたということを疑う理由はない。 こうした作品は、「作品番号のない作品(Werke ohne Opuszahl)」の略である「WoO」という略号を付けて整理されている。

次の