クエチアピン 25。 クエチアピン錠25mg「アメル」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

クエチアピン錠の効果と特徴

クエチアピン 25

肝機能障害• クエチアピンがよく使われるのは統合失調症や双極性障害の2つです。 著しい血糖値上昇から、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡等の重大な副作用が発現し、死亡に至る場合があるので、本剤投与中は、血糖値の測定等の観察を十分に行う。 このセロトニンをブロックすると、中脳辺縁系以外のドパミンの量を増やすことができます。 長期臥床• 理解力が乏しくなる 陽性症状他人に負の感情を抱かれているという被害妄想から他の人の目が気になりすぎてストレスを抱え、強いイライラや興奮を覚えることがあります。 双極性障害における躁症状及びうつ症状の改善• また、クエチアピンは催眠作用が強いお薬です。

次の

製品情報詳細|クエチアピン錠25mg「アメル」(日局)

クエチアピン 25

躁症状やうつ症状に有効 クエチアピンのデメリットとしては、• 効能・ 効果 統合失調症 用法・ 用量 通常、成人にはクエチアピンとして1回25mg、1日2又は3回より投与を開始し、患者の状態に応じて徐々に増量する。 ドパミン受容体への結合が緩やかで、すぐに受容体からも離れてしまう特徴があります。 本剤は、特に治療開始初期に起立性低血圧を起こすことがあるので、立ちくらみ、眩暈等の低血圧症状が現れた場合には減量等、適切な処置を行う。 肝機能障害 薬剤名 影響 QTを延長する薬剤 QT間隔延長 アドレナリン<アナフィラキシーの救急治療に使用する場合を除く> 作用を逆転させ重篤な血圧降下 中枢抑制剤 中枢神経抑制作用が増強 エタノール摂取 中枢神経抑制作用が増強 肝薬物代謝酵素<CYP3A4>を誘導する薬剤 本剤の作用が減弱 フェニトイン 本剤の作用が減弱 カルバマゼピン 本剤の作用が減弱 バルビツール酸誘導体 本剤の作用が減弱 リファンピシン類 本剤の作用が減弱 CYP3A4活性を強力に阻害する薬剤 本剤の作用を増強 イトラコナゾール 本剤の作用を増強 薬物代謝酵素<CYP3A4>を阻害する薬剤 本剤の作用を増強 エリスロマイシン 本剤の作用を増強 CYP3A4活性を強力に阻害する薬剤 本剤の血漿中濃度が高値となりQT間隔が延長 イトラコナゾール 本剤の血漿中濃度が高値となりQT間隔が延長 非定型抗精神病薬 この薬をファーストチョイスする理由(2018年1月更新)• 11).泌尿器系:排尿障害、排尿困難、尿失禁、尿閉、BUN上昇、持続勃起、射精異常、インポテンス、頻尿、膀胱炎、尿蛋白陽性。 不穏状態(興奮や衝動性が強くて落ち着かない状態)• (小児等への投与) 小児等に対する安全性は確立していない[使用経験がない]。 (慎重投与) 1.肝機能障害のある患者[本剤は主に肝臓により代謝されるため、クリアランスが減少し、血漿中濃度が上昇することがあるので、少量(例えば1回25mg1日1回)から投与を開始し、1日増量幅を25〜50mgにするなど患者の状態を観察しながら慎重に投与する]。

次の

クエチアピン錠の効果と特徴

クエチアピン 25

(50歳代病院勤務医、精神科)• 手が震える、体が硬直する、動作がゆっくりになる等といった錐体外路症状を弱めることができます。 このため脳の働きが活発になり、陰性症状や認知機能の改善効果が大きいです。 4.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 重大な副作用 頻度不明• 4).横紋筋融解症:横紋筋融解症が現れることがあるので、筋肉痛、脱力感、CK上昇(CPK上昇)、血中ミオグロビン上昇及び尿中ミオグロビン上昇等が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 せん妄とよばれる一時的な意識障害がみられるときにも、クエチアピンが効果的です。 昏睡状態• 統合失調症とは独特な思い込み、不適切または鈍った感情が障害として現れます。 統合失調症の患者さんでは、幻覚や妄想に左右されていて、興奮や衝動性が強いことがあります。

次の

クエチアピン錠の効果と特徴

クエチアピン 25

統合失調症の治療薬としては、陰性症状や認知機能の改善効果に優れています。 いろいろな受容体に作用するので、MARTA(多元受容体標的化抗精神病薬)と呼ばれています。 持続時間が長くなく、錐体外路症候も出にくい。 体重増加や代謝の悪化が目立つ• 7.糖尿病の家族歴、高血糖あるいは肥満等の糖尿病の危険因子を有する患者。 5mgに減薬し様子を見ることに。 (60歳代病院勤務医、精神科)• (50歳代開業医、一般内科)• (40歳代病院勤務医、代謝・内分泌内科) 非定型抗精神病薬 この薬をファーストチョイスする理由(2015年3月更新)• 7倍高かったとの報告があり、また、外国での疫学調査において、定型抗精神病薬も非定型抗精神病薬と同様に死亡率上昇に関与するとの報告がある。

次の

クエチアピン錠25mg「アメル」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

クエチアピン 25

自殺念慮• ・夜間の不穏・夕暮れ症候群に対して効果がある。 5倍であり、高い血漿中濃度が持続する傾向が認められており、また、海外臨床試験において非高齢者と比較し、起立性低血圧の発現頻度が増加する傾向が認められている]。 昼過ぎに起きてしまうと医師に伝えると、12. 前治療薬からの切り替えの際、精神症状が悪化する可能性があるので観察を十分行いながら前治療薬の用量を減らしつつ、本薬を徐々に増量することが望ましい。 高血糖• アドレナリン投与中 アナフィラキシーの救急治療に使用する場合を除く の患者。 また、症状の悪化が認められた場合には、他の治療法に切り替えるなど適切な処置を行う。 クエチアピンの大きなメリットは、陰性症状や認知機能にも改善効果が期待できることです。 ・認知症のBPSD治療のためにセロクエルかリスパダールを使用します。

次の

製品情報詳細|クエチアピン錠25mg「アメル」(日局)

クエチアピン 25

糖尿病がなければ、抑肝散と並んで第一選択。 ドパミンD 2受容体遮断作用とセロトニン2A受容体遮断作用の両方があります。 せん妄を落ち着かせるため• おもに統合失調症の治療に使われますが、興奮を落ち着かせる鎮静作用があるので、双極性障害や認知症などでも使われているお薬です。 陰性症状や認知機能の改善効果が大きい• そこで注目されたのが、中脳辺縁系以外でドパミンを抑制する働きをする「セロトニン」という物質です。 25mg1錠12. 実際には、外来では25~50mgから、入院では50~100mgから使われることが多いです。

次の