いすゞ 自動車。 いすゞ自動車

公式|いすゞ自動車|臨時従業員採用情報|期間従業員 期間工求人

いすゞ 自動車

自動車工業(株)初代社長となったは、自動車用高速ディーゼルエンジンが当時世界的にも市販化に到達したばかりの新技術であることに着目し、自動車技術が遅れていた日本でも国際水準に早期到達できる分野と見込んで研究開発を指示。 1991年(平成3年)からは現行のロゴとなっている。 「いす ず」ではなく、「いす 」が正式名称である。 (平成24年)4月1日 - 青森、岩手、宮城、福島の販売会社を統合して、が誕生。 (昭和9年) 工場(旧鶴見製造所・自動車工業株式会社)稼働。

次の

いすゞ自動車販売

いすゞ 自動車

ガーラから、始めよう。 (平成22年) 国内年間トラック販売台数(大、中型の合計)で日野自動車を抜き、初めて首位に立った。 但し、最初の契約から通算して最長2年11ヶ月です。 - いすゞ自動車東北に吸収• )(・)• この項目は、に関連した です。 翌1月2日、 SIA (Subaru of Indiana Automotive, Inc. この計画は、あくまでいすゞ自身の開発技術がどこまで通用するかを試すために行われたであり、に出場することは考えられていなかった。

次の

いすゞ自動車販売

いすゞ 自動車

いすゞ自動車は、国土交通省の求めに応じてリコール届けを立て続けに提出。 - 工場で生産される。 小型車部門の技術・設計と技術者移籍、商標「」の譲受を自動車工業(株)に懇請、自動車工業(株)も小型車開発は設立目的の対象外であったためこれを承諾。 1950年(昭和25年) への輸出開始。 〜」(制作)放送開始( - 同年9月)。

次の

公式|いすゞ自動車|臨時従業員採用情報|期間従業員 期間工求人

いすゞ 自動車

() - 2017年6月からスポンサー。 大型トラック生産を行っていた歴史ある工場であるが、リストラに伴い閉鎖され、跡地の西半分は神奈川口構想敷地としてへ、東半分は(物流拠点として使用)に売却された。 ホンダなど他社からのOEM供給のみとなり、商用車、SUVの製造販売などに経営資源の集中を図る。 ではGMからSUVとのOEM供給を受けて販売を続けていたが、(平成21年)1月31日をもって販売を終了した。 商用車• 大型・中型・小型トラック(ギガ、フォワード、エルフ)、トラック、トラック、輸出用バスシャシ、小型トラック用ディーゼルエンジン• , Ltd. - 自動車電機工業を買収・合併した独立系自動車部品メーカー。 2010年(平成22年)10月1日 - 傘下の九州・沖縄エリアの販売会社3社を統合する。 1月 大型不正車検で法人として。

次の

検索結果

いすゞ 自動車

中国のに採用されている 「 五十鈴」( 五十铃)の文字が読み取れる ・とともに、日本国内で日本企業による自動車の本格的な量産が始まったから四輪自動車を生産しているで、・・産業用技術を得意とする。 トラック運転台製造を藤沢工場に集約。 (昭和57年)7月 いすゞ自動車海外販売を設立。 富士重工へのビッグホーンOEM• 元は関連企業で、トラック運転台(キャブ)を一貫製造していた車体工場。 その他• 1月 にディーゼルエンジン生産会社「いすゞ モーターズ ポルスカ」を設立。 ASKA 1983年 2002年 4代 フローリアン後継。

次の

いすゞ自動車の製品一覧

いすゞ 自動車

(ベレットのトラック版)• 脚注 [ ]• 広州五十鈴客車有限公司• - いすゞ自動車首都圏に吸収• 自社製品ブランドのを、「BESCO」と冠して国内外で展開する。 (とのバス製造)• 現在はとして医薬品関連の研究施設が集積されている。 (昭和16年) ヂーゼル自動車工業株式会社と改称。 - の小型乗合自動車。 泰国いすゞエンジン製造 IEMT (Isuzu Engine Manufacturing Co. (存続会社名を『いすゞ自動車中国四国株式会社』として、との2社)• いすゞ車生産委託開始(2004年(平成16年)まで続いた)。 12月 スウェーデンのと商用車分野での戦略的提携に関する覚書を締結するとともに、同社が保有するの全株式を取得することを発表。

次の

いすゞ自動車販売

いすゞ 自動車

(昭和24年) いすゞ自動車株式会社と改称。 - いすゞ自動車東北に吸収• など英国では同社製ピックアップトラックが人気。 販売金融・リース・保険• 8 3. (香川) - 常盤グループ• (福岡・北九州・久留米・筑豊・佐賀・長崎・佐世保・大分・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄)• (大型路線・自家用バス)• 5月 「5代目エルフ」を改良販売開始()。 社章・ロゴ [ ] 詳細は「」を参照• (産業用ディーゼルエンジン、各種車両用機能部品の製造、開発設計・実験)• 台湾五十鈴汽車工業股份有限公司• (昭和61年) 富士重工業()、いすゞ自動車が北米生産合弁基本契約に調印• いすゞ オーストラリア IAL (Isuzu Australia Limited. 1982年(昭和57年)「いすゞ自動車川崎高等工業学校」と「いすゞ自動車藤沢高等工業学校」に改称。 脚注 [ ]• (横浜市経済局 令和元年〈2019年〉12月24日)• (自動車部品製造)• スバル・イスズ・オートモーティブ SIA (Subaru-Isuzu Automotive, Inc. 2004年(平成16年)から、をメインとしながらもいすゞ全体のCM曲として「いすゞのトラック」というオリジナルソングを採用したCMを展開している。 近隣にが所在する。

次の